FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

潮見台 夏冬①

6月に、「次回は潮見台です」と宣言しっぱなしになっていた町歩きシリーズ…

書こう書こうと思いながら写真だけ温めていたら季節は移り変わり、気づけば冬。(笑)
岩シーズンが終わったので町歩き再開だ。
せっかくだから、潮見台の冬の顔も見に行った。

2017-6-17a
小樽の坂道では本当によくお婆さんに行き会う。

2018-1-7h
上と同じ坂。
写真を撮っていたら、背中にハデな虎が描かれた白銀袴の新成人がこの細道を登って家に帰宅した…

2018-1-7i
坂道半ばにある家。
豪雪時には埋まりやしないか心配だ。



2017-6-17b

2017-6-17c
五百羅漢へと登る道。
川に沿って伸びる細い道、に沿って家が建ち、道と家の間には橋が渡されている。
このあたりならではの光景で、夏の間は用もないのにたまに散歩しに来ていたほど好きだ。

2018-1-7a
冬はさぞかし雪に閉ざされることだろうと思いきや、みんなバシバシ川に雪を捨てていて、意外にスッキリ。

2018-1-7b
2つ上の写真と同じアングルで撮ったもの。

2018-1-7k
下の人は川へ、

2017-6-17d
右岸は高台

2018-1-7j
高台の人は下へ雪を捨てる。


②に続きます。

関連記事
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://rie620.blog96.fc2.com/tb.php/418-6df0fad1

Comment

萩ママ | URL | 2018.01.10 11:02 | Edit
豪雪地帯で坂に暮らす人々は、「便利で楽」とは遠い日々を送っているね。
でも、大変な一仕事を終えた後の、一杯のお茶やコーヒーを飲む一時が幸せだったりする。
今すっかり「便利で楽」な暮らしに流れている私はもう戻れないとも思う。
rie | URL | 2018.01.10 20:02
ママさん
なるほど至福の一杯ですね😄
便利とは程遠い山村ですが、「暮らし」そのものが忙しく、日々の生活自体に意味のあるものではないかと感じました。
入り組んだ山奥で、軒先で作物を作ったり、家や橋が崩落しないように補修したり(新し家もあるけど)、川に滑落しないように除雪したり、、
人生を退屈させない贅沢な生活かも知れませんね。(実際に住んで苦労を味わっていないのに言うかっ)
Comment Form
公開設定

プロフィール

rie

Author:rie
山とスキーとスノーボード。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。