DOGS COULD FLY IF WE WANTED TO..

2015-7-5
出国の日が迫り、Dr.ワンゲルくんの熱い戦いはひとまず終了。
もっと強くなって帰ってきて、またこのルートと再会するのが楽しみだね^^
この岩と向き合ってちょっとずつ成長してきた3か月、私も楽しかった。ありがとう!

***7/5 赤岩(状態:いつもよりはマシ)
① おやすみ
② Mr.オタル
③ 明日は晴れる
(メモ)オタルで手の皮ベロリ。茫然。
即降りてロープほどいてもらって傷の処置してもらって全部やってもらう。甘えっぱなし。スンマセン。
創作魚カレーめっっちゃ辛かったけど辛さを忘れた頃に旨みが広がった。結論→絶品。
きっと2か月はあっという間だね。さぁ、留守の間にエサオ万登るとするか!




2015-7-4
常に好調を維持しているのは実はとても難しい。
そして、維持するだけでは足りない。
好調の時にしか出来ないなんて出来ていないのと同義。
本当にこのルートを完登したければ、もう1段上げねばならん。

***7/4 青巌峡(状態:しみ出し) 順番逆だけど
① 出っ歯5.8
②~④ エサオ万
(メモ)体調不良とスタート浸み出しで出鼻くじかれボロクソ。核心ができない人に転落。上部もボコスコ落ちた。
ダメだったからといって腐ってる場合ではない。

通算23日、57便


TITLE:もし望めば犬だって空を飛べるかもしれない-SNOOPY

関連記事
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://rie620.blog96.fc2.com/tb.php/334-48186ed8

Comment

T川 | URL | 2015.07.06 22:54
 土曜の「風」は駄目でした。絶対登れる感がありましたが(気のせいでした)。壁は良かったけど、体と指が不調。万全を期して善を積み、数日で体重を1.5kg減らしたけど、ママさんとセッションして勝ったせいか(リーチ課題だったので 笑)、カチ持ちの指に力が入らなかった。難しいですね。今週は、休んでみます。
 「風を讃えよ」の意味。このルートは西日がもろにあたり午後はすごく暑い。北~西の風が吹かないとひどくぬめる。風の恩恵があってこそのルートと思う。 さっさと登れなくて何日も通うと、だいたい良い経験をすることが多いですよね。「まだ自分には無理だと思っても、最終的には登れるならいい。登れるやつと努力しても登れないやつがいるが、大切なのはプロセスだから(岩雪NO164 吉田和正インタビュー要約)」。
rie | URL | 2015.07.08 11:06
T川さん>「風」、なかなか手ごわいですね!伊達に13はついていない。
1.5の減量!それに…善!!(笑) ムムム。
思うに、「風」を完登するまでママさんとのセッションを控えた方が…冗談です(笑)

なるほど、ルート名にはそんな意味が。確かに、西日がモロ当たるあの壁は夏は過酷ですね。
何日も通って色々な状態の時の壁に出会う。そういうの結構好きです。悪い時の岩を知っているから最高の状態で取り付ける時は本当に気持ちがいいですよね。

自分で無理だと思うルートほど、他人から無理だと思われているほど、挑戦する価値も大きいし、心底楽しいと思う。
プロセス自体を楽しめていると自分で思います!^^
問題は、「最終的には登れるのか」ってことですね(笑)
いや、登りましょう!風もエサオ万もオタルも!
萩ママ | URL | 2015.07.09 05:55 | Edit
rieちゃん、T川さんの言ってることは間違いよ(笑)
水曜のセッション以降も指や身体を酷使するトレを前日まで続けたせいなんだから(;゜ロ゜)
指系は3日間は止めてトライのためにレストもしないと。
私達の年代は回復が遅くなるから、がむしゃらに登るだけではダメ。
気持ちはいつもそうありたいと思うけどね(^_-)

それと、急激な減量じゃなくゆっくり時間かけないと。私も指の負担を考えて少し減量してるけど、T川さんは十分痩せてるから要らないわよ。

結論はrieちゃんもT川さんも私もクライミングばかってことだね(笑)
T川 | URL | 2015.07.09 22:39
 Rieさん
 1つでも上のグレード、自分の限界を追い求めていくと、必ずいつかは登れない課題に取り組むことになりますね。それがどの辺りかは分からないけど。その時は、納得できる努力(プロセス)をして、もうこれ以上は無理なことに納得したいものです。
 ママさん
 いつも本気トライ前日は、疲れを残さないはず程度の尾川智子流指トレをし、その前日はロクスノ特集体幹トレをします。指と体に強い負荷の感覚を呼び覚ますためです。確かに今回は、喰わず減量中に加え、念には念を入れすぎて、ついやりすぎてたかも知れません。
 今回は試しに3日間レストします。でも3日レストしたら、ママさんとのセッション、指トレ、体幹トレ、トレランすると、本番トライと嫁孝行日(善を積む日)がなくなってしまう(笑)。
 だんだんトレーニングの負荷に体が耐えにくくなってきましたよね、ママさん(笑えん)。
 
rie | URL | 2015.07.10 16:44 | Edit
ママさん>ふむふむ、指系は3日間...φ(..)メモメモ
最近、間1日のレストじゃ全身の疲れが取れなくなってきました(*_*)
計画的に登って休まないといけませんね(^^;
盛り上がるセッションを脇目にゆるクラするってこと自体が核心かも知れませんね(笑)
そしてしかし、週末の為に平日緩くするとクライミング自体が弱くなるというジレンマ。。
連登すると調子が上がるがだいたい故障する…
けれど調子を上げないとムーブ自体が起こせない…

課題が終るまで、もうちょっと耐えてくれ、私の肘と肩。
rie | URL | 2015.07.10 19:53 | Edit
T川さん>今は限界を押し上げることだけを考えていますが、必ずもうダメ!って壁がやってきますね。
幸い(?)私はとてもクライミングが下手なので、今のゴリクラ(注:ゴリ押しパワー捻じ伏せクライミング、笑)を改めテクい奴(テクニック系クライミング)を目指そうと思います(笑)
逸れました(笑)
登れない課題にぶち当たっても、納得の敗退ができるプロセスを踏みたいですね^^うーん。悔しいだろな(笑)
萩ママ | URL | 2015.07.10 21:06
えっと、3日間まったく登らずという意味じゃないわよ(;゜ロ゜)
指を酷使したら本気トライ前は2日間はレストしないと指が回復しないから、3日前はカチばかりの課題を止めて持久系クライミングするとか。
ピークを本気トライに持って行く調整の大事さは、年齢が上がると共に強く感じてる。

私もゴリクラ→テクい奴目指すわ(笑)
rie | URL | 2015.07.13 11:32
ママさん>
なるほど、年齢が上がるほど計画的にトレーニングしなければ。。
酷使につぐ酷使では上昇していかないですね、回復もトレーニングのうち!
1週間が短いんですよね~、火曜はまだ死亡しててトレーニングにならないし。
10日ぐらいあれば、
十分回復→負荷トレ→十分回復→週末絶好調i-189のサイクルで完璧(笑)

そういえば昨日タッシーさんに「ゴリ押し」の語源を聞きました。
京都の伝統漁法で、ゴリという魚を、川底に固定した網に無理矢理追いあげて獲る「ゴリ押し漁」というのがあるそうで、そこから強引に事を行なうことを「ゴリ押し」というようになったそうな…

ゴリラパワーだと思ってました(笑)
Comment Form
公開設定

プロフィール

rie

Author:rie
山とスキーとスノーボード。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ