パンケメクンナイ川

秀凸荘クライマーズでパンケメクンナイへ行きました。
滝の登りはさすがにクライマーらしく、3名の沢初心者も誰一人マゴつく事なくスムーズに越え、サクサクテキパキ順調に進み、必要ないところでぬるぬるボルダーセッションを開催し、源頭でゴニョゴニョしたりと、横っ腹痛くしながら無事下山しました。

2014-9-23a
F4(3段の滝2段目)
抜け口いやらしく、後頭部と背中が引っ張られ落ちるかと思った。

2014-9-23b
F5(3段の滝3段目)
一番迫力のあった登り。直登ぎみ(写真)のラインはあきらめもう少し左岸よりに巻いた。
巻きもしっかりクライミングでした。
リードするかの君がかっこ良すぎて全員が惚れました。

2014-9-23c
えー、F何だっけ?簡単な登りの滝がF11まで続く。

2014-9-23d
F12天上飛龍の滝
左岸からの高巻きが最もいやらしく悪かった。後続のためロープ出していただく。尾根の上は意地の悪い根曲り竹を漕ぐ。足に青タンと顔にビンタを幾度かくらい、ちょうど滝上の平坦なナメに降りた。かの君の抜群の巻きのセンスのおかげでとてもスムーズだった。


その後は緩やかで日本庭園のような源頭をつめて、湿原に出る。
湿原の写真はたくさんあるのだが、諸事情により、ここに載せられるものは1枚もなかった(笑)


2014-9-23e
気持ち良い山頂。夏に初めて来た。


***行動記録***
06:15 出発
08:00 上二股
13:45 源頭
14:30 目国内岳
16:00 新見峠側登山口下山(回収のかの君のみ先に下山)

計画、リーダー、車の回収と、かの君に大変お世話になりました。
どうもありがとう!


帰りの車、全員を送り届けたら、
かの君が沢靴、IZM君がメット、台くんが沢足袋、コーヤ君がジャケット
と、全員が忘れ物をしてましたw

かの君の靴を職場で乾したのは良い思い出(笑)
かの靴
関連記事
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://rie620.blog96.fc2.com/tb.php/285-8a640d61

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

rie

Author:rie
山とスキーとスノーボード。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ