7月連休

2013-7-14c
切り株6c+/SSY


Chapter 1: The true friendship 7/13 青巌峡
真の友情

昨年から何十回とアップで登っていたのに未だに全くムーブが決まらず毎回フォールしそうになっていた玉ねぎ5.8。
今シーズンはじめに「マスターでは行けん」と発言したところ、T氏の親心(?)で毎回わざわざヌンチャクを回収していただき各々マスターでアップをしている。小さな親切ありがとう。
ついでにT氏のマネしてクライムダウンもやって、玉ねぎとお友達になろうと試みた。
毎回マスタートライとクライムダウンの結果、素晴らしい3ピン目ヌン掛けムーブを発見。近年イチの大発見だよ。
①玉ねぎ ②天国列車MTO ③天国列車TO(3か4テン。何か核心越えた後の上部がニガテだ。)


Chapter 2: He who moves not forward, goes backward 7/14 旭川ボルダー
前進しない者は後退している。

恐怖核心で完登を逃していた切り株1級をやつけるべくパンクロック再訪。せっかく機会に恵まれたのに、あれだけ安定していた上部ガバまでのムーブが全くこなせなくなっていた。ここ2週間思うようにジムに行けなかっただけでコレだ。いや、ジムで登れなくても家で出来ることがあったのにやらなかった。
鍛えなおして出直そう。
北の再発見。前回どハマったトロッコ共和国は見なかったことにして、ガトリングマンを打ち込むがどうしても登れず途中放棄。裏に回ってエルヒガンテ。あっという間に登って去っていったSSYさん、見に来てくれたタロくんも去っていき、一人居残りでひっそり完登。
最後にSSYさんがハードレイバーで魅せてくれた。核心で動きが止まり、クソーッ!!クソーッ!!と悲壮感たぷりに叫びながらまさかの完登(笑)渾身のトライなのに腹がよじれるほど笑った。今日もMVCだな。
(完登課題)エルヒガンテ6c (敗退課題)湿度98%6c 切り株6c+ ガトリングマン6b+ ハードレイバー7a


Chapter 3: Ups And Downs 7/15 青巌峡・ニニウボルダー
七転び八起き

3連登目は予定以上に体が終わっており、列車1本登ってさっさとロープを片付ける。
夕方からニニウのボルダーで軽く登ろうと思っていたのに、試しに触ってみたアシトマップのランジ課題が全く終わらず鬼打ち。どうしても飛び出しが出来ない。なぜだ。弱すぎて自分に腹が立って薄暗くなるまで悪あがくが可能性を感じない。
クライミングって、たまにある「調子がいい時」を今の自分の実力と思いがちだ。そしてすぐ壁に当たり「不調だ」とか「足りてない」と悩む。
明日からランジ課題ハイパートレーニングだ。
①玉ねぎ ②天国列車MTO (敗退課題)クンカラサン6c

2013-7-14a
横浜から遠征にいらしていた親子。直射日光暑かったよね。

2013-7-14b
グダグダ転がっているTaroを見るコクワ。
関連記事
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://rie620.blog96.fc2.com/tb.php/209-a3af30bc

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

rie

Author:rie
山とスキーとスノーボード。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ