untitled

手紙(原作詩者不詳)
年老いた私が ある日 今までの私と違っていたとしても
どうかそのままの私のことを理解してほしい
私が服の上に食べ物をこぼしても 靴ひもを結び忘れても
あなたに色んな事を教えたように見守ってほしい
あなたと話す時 同じ話を何度も何度も繰り返しても
その結末をどうかさえぎらずにうなずいてほしい
あなたにせがまれて繰り返し読んだ絵本のあたたかな結末は
いつも同じでも私の心を平和にしてくれた
悲しい事ではないんだ 消え去ってゆくように見る私の心へと励ましのまなざしを向けてほしい
楽しいひと時に 私が思わず下着を濡らしてしまったり
お風呂に入るのを嫌がるときには思い出してほしい
あなたを追い回し 何度も着替えさせたり 様々な理由をつけて
嫌がるあなたとお風呂に入った 懐かしい日のことを
悲しい事ではないんだ 旅立ちの前の準備をしている私に
祝福の祈りを捧げてほしい
いずれ歯も弱り 飲み込む事さえ出来なくなるかも知れない
足も衰えて立ち上がる事すら出来なくなったなら
あなたが か弱い足で立ち上がろうと私に助けを求めたように
よろめく私に どうかあなたの手を握らせてほしい
私の姿を見て悲しんだり 自分が無力だと思わないでほしい
あなたを抱きしめる力がないのを知るのはつらい事だけど
私を理解して支えてくれる心だけを持っていて欲しい
きっとそれだけで 私には勇気がわいてくるのです
あなたの人生の始まりに私がしっかりと付き添ったように
私の人生の終わりに少しだけ付き添ってほしい
あなたが生まれてくれたことで私が受けた多くの喜びと
あなたに対する変わらぬ愛をもって笑顔で答えたい
私の子供たちへ
愛する子供たちへ


2013-7-8



*備忘録*
7/6 青巌峡(状態:結露)
①天国列車 4Pヌンチャクかけれず
②天国列車 4P掛けムーブ発見、4Pまで
③天国列車 初トップアウト、今年通算5便目
背・リーチなき者として独自ムーブを編み出せたことが嬉しい。できればこのムーブで完登を目指したい。

関連記事
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://rie620.blog96.fc2.com/tb.php/208-80193f39

Comment

萩ママ | URL | 2013.07.12 09:31 | Edit
老いていくことは罪じゃない。両親の姿は自分の将来を写す鏡のようなもの。理屈ではわかっていてもつい感情的になっちゃうのよね。他人には優しくできるのに母に対しては...(>_<)
最近はこまめに電話してるのよ(できるだけ怒らず)まずは面倒見に通うしかないね(^_^)

強い女性クライマーがどんどん増えるの楽しみよ♪ちびっこ代表の私も頑張る〜(^_-)
rie | URL | 2013.07.12 11:20
ママさん>
ママさんのところも、今大変そうですね。
数年前、元気だった祖母とよくケンカしていた母を思い出します。(笑)

先日、祖母が亡くなりました。この詩は、数年前から祖父母の介護を続けていた母がいつも近くに置いていたものです。
大往生でしたし、いろいろ覚悟していたつもりでも、それでも亡くなってしまうと「あれもしてあげたかった、これもしてあげたかった」と思うものですね。
住む場所にしても、祖父母も元気なうちは介護者の都合のいいようにはならず、しかし何だかんだ月日が流れ、祖父母本人たちも長い時間をかけて自分の体の状態と向き合いながら、状況を受け入れていったんだと思います。娘たちに囲まれ、とっても穏やかで幸せな晩年だったと思います。

チビクラムーブ*
最近知り合った小柄女性クライマーの言葉
「対リーチものモチベーション」
普通やらないムーブを次々試すのが面白い

こういうモチベーションもありか!と見習ってるところです(^^
ママさん見ててもホントそう思うし!
一緒にがんばりましょう♪
Comment Form
公開設定

プロフィール

rie

Author:rie
山とスキーとスノーボード。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ