2/20 尻別岳東

細くて急な尾根を登る。沢への滑落の恐怖と戦いながら登る。弱層ズリズリ。
覗き込む沢は急で広くて大きくて、ビビってしまった。

2011-2-20a

こんな快晴なのは登りの時だけ…
ガスに巻かれつつも、晴れ間をぬって滑る。
雪も、長くて広い斜面も最高。

2011-2-20b



2011-2-20c
初めて雪崩を目撃した。
誰も飲まれなくて本当に良かった。向って右の沢、見えるところ全てが雪崩れた。「流れ」から爆発的な「崩壊」へとあっという間に移行。
足元は全てデブリ。



関連記事
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://rie620.blog96.fc2.com/tb.php/10-12a89b2c

Comment

jolly | URL | 2011.03.24 13:10 | Edit
上と下では雪質がまるで違ってました。下は日射で変化したのでしょうね。いつでも雪崩は起きるものと思って行動いたしましょう。
rie | URL | 2011.03.25 00:16 | Edit
同じ日同じ斜面でも同じ雪質はないのだと忘れずに、常に注意深く行動したいと思います。
これからもいつも事故とは無縁でいきましょう。
Comment Form
公開設定

プロフィール

rie

Author:rie
山とスキーとスノーボード。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ