Quick learner

背中に鬼が住むコビッキーと過ごすシルバーウイーク8日間。

コビッキエサオマ
コビッキー / 日高源流エサオマン13b
この子、トライ5日目にして2テン。飲み込み早すぎ。
(自分確か30便ぐらいかかってるはず...)
早いだけじゃない、根本的に強い。


かねひろ かねひろ


だるま だるま

ジンギスカンはかねひろの方がジンギスカンらしくてうまいという意見で一致。


我が家2 我が家1
なにげに楽しみにしていたコビッキ手料理。幸せ~


クライミングはというと、自分は結局シルバーウイークまでの復帰は叶わなかった。
悪あがきして先走ってもっと悪化してを繰り返す。
先輩クライマーたちの経験談「肘は半年」はリアルな情報だと今になって思う。
現在でまる2か月のレスト。現在の状態からいってあと2か月休んだとしても以前のクライミングは絶対出来ん。
今シーズンは7月で幕を閉じたらしい。また来年に向けて筋トレ頑張りますか。
身体がエサオマンのムーブについて来れなかったんだから仕方ない。

反してコビッキーはバウ4撃、エサオマンさくさく進んで2テン。
焦りやら、ビレイしかできずクライマーとして迎えてあげられなかったことの申し訳なさやら、コビッキー来道を楽しみにして気合い入れて待っていた自分の気持ちのやり所がなくて、6日目はもう青巌峡にいること自体がキツかった。岩場来て登らんヤツはただの人だ。

そんなひねくれた心のままタロのミニドローンを飛ばしたら明後日の方向に飛んでいき、電波の届かない空の彼方に消えていった…
まさかの人のおもちゃ紛失。タロさん、ごめん、ごめーん
ミニドローン
さよならドローン。

でいて、我が家でのコビッキーとの姉妹生活(どっちが姉だか…)はすこぶる快適で、とにかく心地よかったw
下ネタからエサオマンのムーブまで話してないネタはないほどに語りつくした(笑)
話したり、ただ黙ってお互い好きなことしたり寝転んでる空間も何ともいえぬ安心感。
最終日なんか、このまま寝てしまうのもったいないなんて思って無駄に起きてたもんねw
第三の実家はいつでも空いているので、また来てね
退屈だったはずのシルバーウイークを潤してくれてありがとう!!


青巌峡から空港に送り届け、さよならディナーを二人で回転寿司。
自分2,400円、コビッキー4,800円
コビッキー強し。(笑)
スポンサーサイト

普通の休日

2015-9-13

釣り人がデカい鮭を釣り上げたと思ったら、暴れる魚の頭をカカトで蹴りつけていた。
ナイフでサクっと絞めるものだと思っていたので非クールなやり方に衝撃を受けた。

帰札してオータムフェストで施しのカニ汁やら螺やら肉をいただく。
何食べても美味しくて有り難いことです。


こうしてクライミングのない生活が軌道に乗りつつある。(笑)

ニペソツ山

前泊地の当麻道の駅でまさかの寝坊。
早めの行動で3時起床、5時に登山口を予定していたのに当麻で目覚めたのが5時。
前夜眠いのにここまで運転してきた苦労は泡と化すのか…
近くの別の山に変更しようかとも思ったが、ニセイカウシュペも層雲峡・黒岳方面も雨予報。
せっかくだからニペソツを行ける所までと車を走らせる。

時間は迫っているんだがとりあえず走れば着くと思っているフシがある。
昼前には雲に覆われる予報なので、気持ち急ぐ。


2015-9-5d
ここからのニペを見たいが為に来た。


2015-9-5a
少し紅葉が始まってました。

2015-9-5c


2015-9-5b
ナキウサギの声はする。(探してないけど)

2015-9-5f


入山時刻が遅れる可能性は無だったので靴も装備も普通の登山用だったが、たくさん寝たからか身体が調子よく、あっという間に天狗平、天狗岳と来てまだ2時間ちょい。3時間切りを目指してみたらあっけなく2時間43分で山頂に着いた。
寒いので即下山。前の週北海道マラソンでサブフォーを達成したという男性と下山で意気投合して一緒に駆け下りたら、午前中のうちに下山していた。
何だこれ。
岩に行けない最後の週末をゆっくり山で過ごす予定だったのに???
これはこれで、楽しくありました。ありがとうございます。


***
06:39 登山口(入山)
09:22 山頂
09:39 下山開始
11:35 登山口(下山)


2015-9-5g
趣深い幌加温泉は男女混浴で逃げない鹿たちも居る。素晴らしい湯でした。


2015-9-5e
幌加で少し寝たあと何もない十勝平野をぶっ飛ばして帰路。
人恋しくなって、岩を見るという名目で青巌峡に寄ったらBirdさんがジングルをRPしたということだった。
同じ岩で何かを考え通い続けているクライマーのトライは他人事とは思えない。
こうした人達の完登には心揺さぶられる。


プロフィール

rie

Author:rie
山とスキーとスノーボード。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ