決められない2人

2015-7-26a 2015-7-26b
雨なので、バジルペーストを作った。
数年前作った時、Yなぎさんに「熊の糞みたい」と言われたっけ...
そして、どんな味のパスタにも肉を入れないと気が済まない。


7/25(土) 雨でモッタ遠征延期
7/26(日) 雨で青巌やめ秀


日曜はmove onのRPがかかってるヨネケンと約束していたのだが、前日、雨予報で行くのか諦めるのかが全く決まらない。

「ヨネケンどう思う?」
「んーどうしましょうね」
「湿度もやばいね」
「迷いどこですね」
「RPしずらいシーズンになりましたね」
「結露シーズン真っ盛りだね」
「夜の予報で決めよう」

~夜~
「どうします?」
「ん~~、ん~~、、」
「微妙な所ですよね、」
「SSYさんも迷ってるらしいし」
「そうだよね~良くはないよね~」
「どっかから染み出しはありますよね」
「予報によっては曇りだけど、、」
「湿度が終日90%以上、結露するかな~」
「この前みたいにヌンチャクかけて回収はやですね」
「ヌンチャクかけれるかも微妙だね」

ここで別の友人から、占冠方面霧で凄かったので自分はやめると連絡を受ける。
「どうしましょう」
「SSYさんはどうなんだろう」
「274号線むかわ町のライブカメラ見たらフツーに路面濡れてるわ」
この情報で、もう一人の別の友人もやめると連絡あり。
「キツそうですね」
「これはもうダメだとおもう。。」
「SSYさんにも一報入れてどうするかですね!」
「メールしてみる!」
「お願いします!」

SSYメール
「決断!明日は無し!各々一週間トレーニングして次で余裕綽々の完登をしましょう!」

「↑とのことだよ^^;」
「そうしますか?」
「私もかなり厳しいと思うんだけど…」
「…ヨネケンがどうしてもというなら行くよ!」←ここでもまだ決断できない自分(笑)
「じゃぁ」
「やめましょう!」

少しの希望にすがり延々と決断できない2人の、一時間半に渡るやりとりであった。
決められる男SSYさんに自分達の週末の行動予定を委ねてしまって申し訳なかったです(笑)

スポンサーサイト

低空飛行

限界グレードのルートは、「いずれ登れる」んじゃなく「登るべき時に登らないと登れない」んだという話をした。


2015-7-19
7/19真駒内花火。三脚なしで変な写真が撮れました。


7/18 青巌峡(雲雨、昼から末期的な結露)
① 人気ルート
② エサオマン 富士山落ち
もう返しで落ちない。と、この日は思ったんだが。

7/20 青巌峡(蝶害) 無数の蛾??がホールドに小便をかけていく。
① ジェロニモ
②~⑥ エサオマン 返して箱下ガバ落ち 又は返し落ち
何やこれ!終わっとる。
反省。
身体キレてない日は出来ないなんて言い出したらもうどうしようもない。

(メモ)せっかく連休だったのに進歩なし。返す時焦りすぎ。
あと、一日の限度は今の所3本。後は持てなくて返せなくなる。
それから、肘痛くて気になって保持できない(上腕骨内側上顆炎いわゆる野球肘)。
ここへきてレストは痛い。
焦る。

通算27日、69便。100近づいてきたな…

2015-7-11a
こんなに振られてもここで落ちてませんからこの人。(KMっちゃん)

暑くて湯に浸かりながら登ってる感じ。
自分は嫌いではない。
とにかく暑くて、RP目前の面々も全員ダメだった。
今日調子いい人っているんですかね?
というヨネケンの発言がツボだった。

7/11 青巌峡 30℃
① バカにするぜ
②③ エサオ万 返し落ち
④ エサオ万 返して、箱ガバ地帯で爆発的に落ちる

7/12 青巌峡 30℃
① 人気ルート
② エサオ万 返し落ち
③ エサオ万 富士山まで!月取れず。
④ エサオ万 出だしムーブ模索便。元のでいいや。

(メモ)
クロス返し核心失敗の原因解明。右ヒールを解除するのが早すぎる。
今週末は連日核心越えられた。
久々に会ったU野君と互いに初ロープを結んだ(エサオ万、だいたい同じところで苦しんでいる)。
この便で二人とも核心越えて、いいところまで行ってのワンテン。お互いの成長を讃え合った。スポーツって素晴らしい。

2015-7-11b
右ヒールを積極的に外している様。あと1秒我慢!

通算25日、63便


道の駅で泊まったら爆睡して9時間半も寝れた。
連登には睡眠が一番大事。

DOGS COULD FLY IF WE WANTED TO..

2015-7-5
出国の日が迫り、Dr.ワンゲルくんの熱い戦いはひとまず終了。
もっと強くなって帰ってきて、またこのルートと再会するのが楽しみだね^^
この岩と向き合ってちょっとずつ成長してきた3か月、私も楽しかった。ありがとう!

***7/5 赤岩(状態:いつもよりはマシ)
① おやすみ
② Mr.オタル
③ 明日は晴れる
(メモ)オタルで手の皮ベロリ。茫然。
即降りてロープほどいてもらって傷の処置してもらって全部やってもらう。甘えっぱなし。スンマセン。
創作魚カレーめっっちゃ辛かったけど辛さを忘れた頃に旨みが広がった。結論→絶品。
きっと2か月はあっという間だね。さぁ、留守の間にエサオ万登るとするか!




2015-7-4
常に好調を維持しているのは実はとても難しい。
そして、維持するだけでは足りない。
好調の時にしか出来ないなんて出来ていないのと同義。
本当にこのルートを完登したければ、もう1段上げねばならん。

***7/4 青巌峡(状態:しみ出し) 順番逆だけど
① 出っ歯5.8
②~④ エサオ万
(メモ)体調不良とスタート浸み出しで出鼻くじかれボロクソ。核心ができない人に転落。上部もボコスコ落ちた。
ダメだったからといって腐ってる場合ではない。

通算23日、57便


TITLE:もし望めば犬だって空を飛べるかもしれない-SNOOPY

プロフィール

rie

Author:rie
山とスキーとスノーボード。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ