手の甲が

2015-4-29
climer : UEN

日曜の不動岩稜でよほど力が入ったのか、未だに右の手の甲が痺れて指に力が入らない。
シュワシュワした感じで手が笑ってるというか、チリチリするというか、、言葉でうまく表現出来ませんが。

4/29(昭和の日) 青巌峡
ビレイヤー難民のヨネケンとビレイヤー難民の自分。今後とも宜しくお願いします。
青巌峡は雪解けて夏のような暑さ。
① 人気ルート
②③④ 餌尾万(④は落ちた所で下車、即ちクロスの返し。)
最高高度は前回と同じくクロスの返し。右ガバ取れん。思うに、左足での荷重が足りてない。踏め踏めー
(5/4追記 ガスカチの真下に重心を持ってくる。ガスカチでチョークアップできるぐらい安定するポイントを探すのさ。-おやまったさん助言)
安定の2テン。まだカスの域から出られません。

通算15日、37便
スポンサーサイト

赤岩の人

***4/25 小樽赤岩

2015-4-25
カメラのセット位置間違えましたね。

① おやすみ
② 箱庭の10a もうヤダこれ…
③ ミスター小樽 最終ピンまで到達、しかしTOならず。
(メモ)核心は遠いポッケ取りと言われているがそこから先の遠ーい飛ばしがキツイ。ボンボンよりパツパツ。
相当打ち込まないと登れない予感。短いからトリ頭向きではある。

2015-4-25b
奥の岩。スケールがデカくてカッコイイし、そしてスケールのデカい岩が大胆に崩落している。
ここの13なんか登ったら本当にかっこいいと思う。
死ぬ覚悟がないとちょっと取り付けないな。



***4/26 不動岩稜

2015-4-26a

密かに憧れだった東の岩稜。
フリーのルートがある所は全てそこから抜ける予定だったが長い1ピッチ目10a(まじすか?)で心と前腕を摩耗し、上部は全部アルパインルートから行くことに方針変更(+_+)不甲斐なくてすいません。
懸垂して帰る?って話も出たぐらいだったけど奮い立って不動岩稜踏破できて良かった…
ありがとうございます、ありがとうございます。


2015-4-26b


2015-4-26c

Mr.オタル

2015-4-18

小樽赤岩も大分雪解けてきました(長靴必携。残雪ヶ原。)
東は行ってないので分かりませんが、44や西の岩の取り付きにはほとんど雪ありません。

平日の雨でビッチャビチャですが登ります。
毎度、行くとこ行くとこ誰もいない。

①  ファイアーマン10c 二人とも記憶から消し去りたい無残なトライw
②  ミスターオタル13a 核心取れない。
③④  〃        核心取れた。行けるかもねコレ。
⑤  折込センター10d 魂の底から沸き起こる恐怖の力でTO。

13食い散らかしの春。
赤岩は景色良くて、行くだけで気持ちいいね。
岐路、餃子館で餃子定食。腹いっぱい。

ボルダラーとのロープセッション

2015-4-12
湿度30%予報につられて来た人。「坊ちゃん」から「狼少年」に流れる。
このメンバーでロープ結ぶとは変な感じ!斬新。

***
① 人気ルート
②~④ 餌尾万
⑤ 狼少年
(餌メモ)午後にはリップ以外ほぼ全部乾いた。さて、そろそろマントル返してみますかね。
2テンから進歩がないぜ。

通算14日、34便

開幕

2015-4-5

貸切!
そして エサオマンセッション開幕!
あのねめちゃくちゃ楽しいです。

4か月ぶりのエサオマンは、1便目は、クリップする手が右だったか左だったかも忘れていて散々だった|:3ミ
色々思い出してからの2便目は、ムーブ自体の負荷が昨年よりも軽く感じられ、最高高度を上げられた。
といっても、ガス取ってクロスで返したところでフォール。
ガチャガチャ保持してヒール上げてアンダー取るところが下から繋げて出来てビックリした(初)。
ランジして取ってた上部ガバが、冬の間の妄想スタンスとムーブが現実にも正しくて、スタで取れた!
① にんじん5.9
② 人気ルート10a
③~⑤ エサオマン13b(上部流水でレスト大ガバまで)
通算 13日、31便


※青巌峡はまだ雪に閉ざされ、ぶったまげ以外は下地に約1メートルの残雪があります。岩の上にも雪が乗っていて、ルートの各所から激しく浸み出ししているので、登れるルートはごくごく限られています。

2014年クライミングのまとめ

2015-4-2a


既に2015年開幕しましたが…
中途半端なので年末年始の四国遠征は2014年の扱いにしました。
昨年はルート完登の強迫観念にとらわれることなく、気の向くまま自由にクライミングが出来た。
と同時に、難しい課題では根本的に力が足りていないという現実にぶち当たった年でもあった。
今年はもうちょっと真剣になってみよう。

2014年の主な完登課題(印象に残ったもの↓)


***ルート***

(青巌峡)

・ スピードオーバー 12c
 振り返ってみるとかぶったカンテでデッドを繰り返すだけなんですけど、ホールディングに慣れるのと、クリップを安定させるのに時間がかかった。


***ボルダー***

(有珠)

・ イレス 7a
・ キングイレス7b
 出だしが、コレ持てますか大会。結局はコツ。

・ イガグリ 7a
・ クリーガ 7a
 よく考えてから登らないと、登れるものだって何回やっても登れない。もうちょっと頭を使いなさい(自分)。


(神居古潭)

・ ニューハスラー 2級
・ プレデター 2級
・ AKR 2級
 AKRは前の年出来たはずの下部が忘れて出来なくなって焦って何回も打った。思い出としては焦りしかないw


(青巌峡)

・ リアライザー 1級
 リーチものだと思っていたらそうではなかった。ヒール・トゥを駆使して器用に登る。ラインが明快で好きな課題。


(小川山)

・ 穴社員 3級
 名物課題は面白い。慎重な足運びで指にかかる負担を軽減。

・ ライトスパイヤー 3級
 スラブなのに前腕パンパンになった。

・ グロヴァッツスラブ 初段
 マジで遠征初日の午前中に初段が登れるとは思ってなかった。自分にしては珍しく岩に触ってすぐにムーブがイメージ出来て、そのムーブのままサクサクいけた。

・ 忘れん坊 2級
 昨年の遠征ではハナクソみたいなトライしか出来なかったのに今年の自分には簡単だった。持てるって素晴らしい。

・ ギガント 初段
 ジムっぽい体幹核心課題。コビッキーが簡単そうに繰り出していたムーブを鬼の形相で真似る。登れてよかった… 


(日ノ御子)

・ 舞 1級
・ 神楽 初段
 上記2つの名物課題を遠征中にしっかり落とせたことが自信になった。

・ ケムマキ 1級
 実はヒールムーブは自分の前にトライしていた強い関西男子がやっていたのだが、同じムーブが出来たこと自体ビックリだった。難しかった。核心はチビ殺し。

・ クノイチ 3級
 こんな面白い3級をやったことがない。スタートから岩のてっぺんに立つまでムーブのない動きがない。

・ 浮遊病 2級
・ 狂言 3級
 2級はともかく3級で敗退しそうになり焦って鬼打ちした。青タンできてほとんど諦めかけていた頃にギリギリ登れた…


2015-4-2b


今シーズンも皆様よろしくお願いいたします!
刺激を与えてくれる仲間の存在って大事。
プロフィール

rie

Author:rie
山とスキーとスノーボード。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ