OP ridge 展望台

2014-3-29

快晴絶景。今日は登山のつもりで来たけれど。
沢形に入るあたりからはほどよく柔らかく、解放感溢れる気持ちよい滑りができた。
やっぱりスキーヤーなもんで、沢よりフラットな斜面の方が好きですが...



2014-3-29b

OP尾根を望む。
単独で行ったワンゲル君の写真は素晴らしく感動したけど、尖がった所は自分はちょっと、あんまり行きたくないなぁ。
でもその右のスロープ魅力的だなぁ。笑
沢ニガテだけど 笑

スポンサーサイト

地獄谷一周(旭岳)

ワンゲル君の気象予報で回復傾向と見込んで出かけるも、、、

2014-3-23


割に視界もあり風も穏やかだったが、小核心の第三ルンゼを超えて2200m~の通称「未だかつて何もない尾根」笑、に突入すると状態が一変。
目を雪ツブ爆風に攻撃され、レーシック手術した時より痛かった(( ;*д*))o=3=3
何の修行ですか?w

裏側や運良ければ地獄谷も視野だったけど今日は全くそういう日ではないっす。
しかし雲にムラあり、たまにドラマティックに山頂や対岸の尾根が見えたりする。
オォォーー!!とかキャャーー!!とか叫びまくって気が済んでから下山w
ワンゲル君はというと卒業式2日後に控えてしっかり顔に凍傷つくってましたw

2014-3-23ログ


ピーク行ってる間に積もったらしく、ゲレ内BCの雪が良かった。みんな帰った後で空いていた。
北側の尾根を経験できたのは良かった。
前日の疲労とワンゲル君ペースについてゆけず介護老人みたいになってスイマセンw

2014-3-23
カラスの死体ではありませんw

光か雪か (東ヌプカ→日勝)

2014-2-22c
午前の部 東ヌプカ
10センチほどの新雪の下にはもうどうにもならないレベルのクラスト雪面が…

2014-3-22a
KNG
2014-3-22b
Jolly

昨年より雪は多いんだが。
景色と青空は最高。
下山したらまだ11時だし。
遊び心を満たしきれない3人はビーコンON,ブーツ着用のままダイチに乗り込む。


2014-3-22e
午後の部 日勝峠
打って変わって膝下ラッセル!!

2014-3-22d
Jollyさんのシーズンベストを更新した1本。


本日のハイク総獲得標高1400m。
既に午前のことが思い出せない感じになって、十勝ご当地グルメ牛玉ステーキ丼をありがたく食して〆。
光か雪かの結論、断然雪。

ジャイアントカプリコ

2014-3-15
写真は今年の2/2に行ったカプリコ
ジャイアントカプリコと対面している。こうやって見るとこっちも凄い。

あの日ゆーととGCを見てから、どうしても滑ってみたいと思っていた。
一緒に行こう!と言っていたのにゆーとはある日単独でGCを制してしまったw
だからじゃないが自分も単独で行ってみることになった。
先週の荒万さんツアーに触発され、国際~朝里~白井~GC~カプリコと、多分全く同じルートを辿った。
渡り歩いて4斜面。
グッド尾根からGCまでのトラバースが長いが、ボーっと静かな山の中を歩いて頭を無にするのには良い時間。
思うままにどこでも歩けるし、自分の歩いた跡なんかすぐに無になってしまうこの感じ。



カプリコから見た通り、あの急斜面に降り立つにはデカい雪庇を越えねばならない。
雪庇でかすぎ+下の斜面見えない。脳内進退会議を行う、ピーク直下でしばらく佇んでいた…。
慎重に進むことに方針決定、雪庇の切れ目から滑る斜面に降り立った。するとそこにはすばらしき広いスロープが。このときの安ど感といったら。


GCの斜面は、この時期なので大分雪付いて凹凸なくなり滑りやすくなっていると思われます。
スネ深のよく走るなめらかな急斜面。滑ったあと何度もラインを振り返りながら、対岸のカプリコに登り返す。
その後カプリコ北東面にて、生きてて一番のナイスラン。一人で声出して笑っていた。
この時期よく思うけど、もう今シーズンには悔いはない(笑)

初アイスと山の家

2014-3-8e
布引の滝


3/8~9 布引の滝(アイスクライミング)→奥手稲山の家(泊)

+ Read More

富良野岳樹林

恥ずかしながら富良野岳はベベルイしか滑ったことなかったが、針葉樹に囲まれてこんもり雪の溜まった尾根の樹林はスロウな冒険でとても自分好みだった。BCは樹林が好き。


AsaChannel
プロフィール

rie

Author:rie
山とスキーとスノーボード。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ