タマヲと行く余市岳

SIDさんに多大なお手数ご面倒をおかけして教わり四苦八苦して作ったタマヲ(無線マイクのカバー)

2014-2-23d 2014-2-23c

2014-2-23a 2014-2-34b

余市岳でさっそく大活躍、そして凍死w
出来イマイチですがかわいい我が子を使ってくれてありがとうございます…

***

稀にある飛行場が終始ラッセル状態。
光出て南東1本、ちょっと深すぎでスピードコントロール不要天国


登り返して奥の真南ドロップポイントで30分ほど光待ちするも厳しい吹きさらしに萎え(↓下図参照)
KNG
(この日に限ってダウンジャケット置いてきたのでシュラフカバーをかぶって寒さをしのぐ人)
北面に移動し、北西シュートを落とす。南に比べ風に叩かれ板走る。こっちの面が最高だった。
今シーズン当たりが少なかった自分はこの斜面が文句なしでシーズンNo1ですね。

スポンサーサイト

サホロ

年イチの行事、日本海側と太平洋側のロープ仲間でゲレンデに集う会 in サホロ

2014-2-22

ばんけいナイターより硬い斜面にU3だけ持ってきた自分は1本目滑った段階で帰りたくなりましたw
この日の思い出はもはや滑りではなくトンカツとみんなを強制参加させて食べた18種類のアイスw
上段まん中の右、パステルカラーのが何の味も表現していなかった他は、だいたい全部美味しかった。

修行とはいえ天気よく、東大雪の山を見ながら珍しいメンツでののどかな(滑りは全くのどかではない)ゲレンデは楽しかったです。
ありがとうございました!

富良野岳北尾根

2014-2-15

ワンゲルOBの2人のフォローのおかげで山頂に立つことができました。
ありがとうございます。

+ Read More

道東某裏

2014-2-11b
光待ち功を奏する。
広い斜面に自分たちだけ。


2014-2-11a
穏やかで気持ち良い一日。
滑りすぎてやっぱり飛行機の時間ギリギリに…(笑)

こんな日々がずっと続くといいなーと幸せに浸る帰り道。
ジム間に合ってたら満点だったなw

朝焼け京極羊蹄山

2014-2-9d


2014-2-9c

+ Read More

カプリコ

2014-2-3a
カプリコから見たジャイアントカプリコ。いつか滑ってみたいけど間違ったら死ねそうです。

***

未知の斜面を求め探検モード。こういうの久々で楽しい。
スキー場側の面はビッシリ樹林に覆われている。果たして滑るトコあるのか?山頂付近のセッピ稜線は狭くてヤビーで崖になってて結構ヤバく、四つん這いになり崖下に飛ばされないよう耐える、けっこうシビア。コレ裏に辿り着けるのか?
と思ったらほどなく稜線が広がり、滑る斜面が現れた。すばらしいオープン斜面。
しかし稜線はデカい雪庇に覆われてドロップポイントが無い…
雪庇のおとなしいところからドロップ。すぐ下に亀裂あり。この日で幅40センチぐらい、滑って越えたが意外に深くてビビる。もうちょっとしたらガッツリ開きそう。標高差200m、急なのは最初だけで、ほどよくメロウで滑走距離長い。
久々に心臓の鳴る緊張感あるドロップでした。

2014-2-3c

滑り終わったとこから見上げる。ゆーとと二人、しばらく斜面と滑ったラインを眺めていた。
毎年来たい。しかしドロップポイントが微妙に悪く独りでは来たくない。


スキー場側と正反対な開けた斜面を平和にトラバースして934に回る。
上から見るとヤビーだが上部抜けるとすぐにそこそこの疎林となる。気持ち良く滑れる。標高差150mだが下部にでかい亀裂あり。
そこからダーっと山を巻いて滑るとちょうど駐車場の上部に出た。何て素晴らしく計算されたような一日。
早く下山したので秀に登りに行ったがものすごい身体の疲れようで、マットの上で眠ってしまいそうだった。
4日分動いたような2日間でした。

ネオパラ経由ウィスキーズ

午後からウィップスのコンペなので、というよりワンゲル氏が多忙で徹夜となったので、予定をゆるい方に変更し札幌市民の山屋さんの憩いの山へお邪魔した。そもそも木曜飲みに行ったのが原因ですよねwごめんね。でも今日はココに来れてよかった。
2014-2-1a
市民のネオパラは想像していたより滑るところがあり、登り返してヒャッホウする始末。時間ないのに。
市内から見える第二斜面の亀裂は既にバッチリ開いていた。
札幌の街に向かって滑って行く感じは他ではなかなか無くて面白い。
2014-2-1b
思考が深く、面白いことに貪欲で、常に何かを考えて人生を生きているワンゲル氏。
一年間も一緒にジムで登っていたのに君のこと何も知らなかったよ。この1年もったいない。
紅の豚のキャッチコピーは君に捧げよう。
君には私の古板COAXも捧げよう。大事に使ってくれたまえ。返さなくていいよ。


時間ないのに帰りにワンゲル部御用達の店主が挙動不審の天ぷら屋に天ぷらを食べに。超面白い。
味はとても美味しいですw
ワンゲル氏常連につき天ぷら2品ずづサービスしていただきました。


からの、コンペ。
青までは全部完登するもオレンジから一気に可能性が無い…
完登○左下二つはイケメンのイタズラ心。かわいい。
1位のメイちゃんと天と地の差を開きつつ女子2位になり、景品にクライミングDVDをいただく。これは嬉しい!
最後にはママさんの手料理などたくさん御馳走になり、賑やかなコンペ終了。
普段一緒に登らない人たちとのセッションはとても刺激になりました。
2014-1c

さて、明日は探検となるか?
プロフィール

rie

Author:rie
山とスキーとスノーボード。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ