スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京然

2013-12-1c




2013-12-1f




2013-12-1e




2013-11-30j




2013-12-1d




2013-12-1h
スポンサーサイト

Revolver

2013-11-23a
photo:shin


11/23 shinくんとタロと善光寺。

たくさん写真を撮ってもらった。
shinくんとtocoちゃんの、ゆっくり穏やかに時が流れていく感じが好き。
興味関心の方向に共感を持てるし、懐も思想も深くて、話しているとどんどん引き込まれてしまう。

2013-11-23b
photo:shin

移動の車中は、超人クライマー達の若かりし・幼き頃の思い出写真を見せてもらったり、最後には懐かしいThe BeatlesのHere, There and Everywhereを歌いながらいい気分で解散。

善光寺(完登課題)
① クーリー6c
② イーガ6c+
③ イーラ6a


2013-11-23c
photo:shin


11/24 タロと義経岩

ロープモチが「無」で朝から高所恐怖スイッチ ON
クライミングしに来ましたとは間違っても言えない態度で、狙いや真剣にトレーニングしている皆さんの邪魔になっていた私たち…w
いっこもムーブ出さずに終了。
一日ダラダラした結果→頑張らなかった日は楽しくない。

最後はウルフルズの忘れちまえ~思い出せ聴いて癒されながら帰宅。


① 看板ルート(だっけ?)
② プリンセスロード11c TO
③ ひよどり越え11c 半分ぐらいで嫌になって敗退
④ オレンジつぶつぶ11a FL
⑤ 左端からランチまでトラバースするやつ


マントライザー(初段)

2013-11-17a
マロさん式スパルタクライミング「遊びじゃねぇんだぞ!」
罵声(声援)飛ぶ中KNEさんの夕焼けラストトライ。


アヨロ清掃クライミング(快晴気温8~10℃)
北海道フリークライミング協会主催の清掃活動。皆で海からの漂着物等たくさん集めました。


***

(初完登課題)
① マントライザー7a+
マントライザーメモ昨年はスタートホールドから動けなかったこの課題…
アヨロマスターズのえーじさんとよしたか君にムーブやらホールディングを教えられるがまま体を動かしていったら、気が付いたら終了点に居た。(笑) お二人に感謝!
ヒール課題だと思っていたら、乗り込み課題でした。



2013-11-17
外岩でのASKちゃんはめちゃくちゃカッコ良かった。
的確にホールドを押さえガッツリ上げていく登り、惚れ惚れしました。
すっかりASKちゃんファンがここに一人(笑)

狼少年12a

2013-11-16

青巌峡(快晴気温0~7℃、状態:激しく浸み出し)

朝晩冷えて、岩にもツララが生えてきました
こんな時期にココへ来ているのはちょっと頭がおかしな人達だけです。私以外は。
今日は気温は高いがどの岩も浸み出し激しく、無傷なルートは2つか3つ。
来年どのルートやろっかな♪と色々見てまわる。
一力も狼少年も登れてスッキリしたのに、今度はバイオハザードが気になってきてしまった。


***
① にんじん
② 狼少年 TO
③ 狼少年 RP

狼少年メモ昨年は全く核心がこなせず敗退。今回核心カチが普通に持てたのと、何もないと思っていた部分に持てる中継ホールドが色々あったのを発見。どんなムーブもスタティック!を心がけているはずなのに、アブ男に次いでデッドデッドを繰り返す(笑)。まぁ、スタで出来るほど持ててないって事なんだな。
足高く上げてカチ繋ぐ好き系ムーブで面白い。



D16

D16
「D16」The One Month Trip To Fontainebleau In France


コビッキーも出てるクライミングDVD「D16」The One Month Trip To Fontainebleau In France
ちょっと遅れたけどようやく入手^^
北海道外岩シーズン終了目前にモチベーション上がりすぎ閲覧注意
D16とは?→ About「D16」

特に印象に残ったのが、
L'INSOUTENABLE LÉGÈRETÉ DE L'ÊTRE (8B) ←読めません
という課題を3年越しで登ったIMASHIさんのトライ。
3年前の遠征では1手進める毎に丸1日づつを要し、その厳しいムーブを最終日までに繋ぐことが出来ず完敗のままブローを後にしている(強くなって絶対戻ってきてやる!と誓い帰国)。
再訪となる今回のトライでは、3年前の苦労が嘘のように普通に各所のムーブがこなせ、当たり前のように完登してしまった。

話題はいきなり小さくなって、私事。
最近、春に出来なくて投げっぱなしになっていた室内課題をいくつか落とせた。
当時ムーブがどうこう試行錯誤したが、今になり登れてしまうといわゆる「フツーに」取れるし持てることに驚いた。
出来ないことの解決策はただただ強くなるしかないって事なのか。

と、フォンテーヌブローの8Bとかの映像を見ながら自己満足げに納得したのでした。

そして。
岩を前にしたコビッキーの表情を久しぶりに見て、今年の夏を色々思い出した。
あの子の登りを見てから、自分の登りが変わったと感じる。
コビッキーの前で生半可なクライミングは出来ないと、心の内でいつもビビっていた(笑)
その結果何が身に着いたかって、掴んだら離してなるものかという底しれぬクソ根性です(笑)

一力(初段)

帰りたいタロを待たせてしつこくトライ。
その結果一力完登
ゴールの仕方がダサいのが一力の残念なところ。でも内容が面白くて好き!

この間のイワンコフ(初段)完登の成果は、頑張れば登れる初段もあるんだと分かったこと。
ヤレル。と信じてトライ出来ると力も出る気がする。
そして前半パートは夏のウッチ・M2G君のムーブを拝借してのハイエナクライミング。

完登してタロからもらった祝いの言葉は

「クライミングなめんなよ」  (笑)


***

11/9 青巌峡(気温1~4℃ 状態:岩は乾燥、ただ全体的に浸み出し激しい)

① 人気ルートだぜ5.10a
② 一力(初段)


2013-11-9
昨年に続き、この時期の固定メンバー(笑)

ダイナマイト・ボンボン12b

ダイナマイト・ボンボン12b 何かの間違いでRP。
トライ日数6日、13便。まじですか…!
これでバウ、列車、ボンボンと、トポの★★★付き12台ルートを3つ登れた訳だが、昨年やっていたら列車もボンボンも50便ぐらいかかっていたんだろうなぁと思う。
クライミング始めた当初から、強くてカッコイイ存在のボンボンガールズ(てぃな・みみ・たかちゃん)に憧れてクライミングを続けてきた。いつかは自分もボンボンを、と漠然と目標にしていたから、便数や苦労は少なかったけど、思い入れあるルートの完登の喜びは大きい。
それから、激しいトライでボンボンに挑む勇気をくれたコビッキーに、感謝…!

***

11/4 青巌峡(状態:乾、一部浸み出し、気温4~11℃)
① 玉ねぎ
② バカにするぜ
③ ボンボン   MTO→下部で落ち、核心で落ち、最上部で落ちた。
④ ボンボン   RP


ボンボンメモ
今まで登ったルートの中では、間違いなく確実に一番難しかった。と同時にダントツで面白かった。
テラス以降のムーブがいちいち激烈だが、テラスで手ブラレストが出来るので、核心のムーブがこなせるならば、意外とRPしやすいルートだと思う。


2013-11-4
下部も上部も各所でリーチパツパツ。

(ボンボンRP動画)



これで冬越すんですか?

2013-10-31

今まで履いてきたシューズの中で「これぞ」と思った一足、フューチュラ。
足ヘタの私に「ヒール」という技を教えてくれたのもこの靴。
ソールの横がビラビラになったり、つま先に穴が空き始めたりと、大分ヨレてきた。
春のセールまで我慢しようと決めていたのに、「1年履いたんだから買っちゃえば。」という湧き上がる思いに押され、うっかり購入。地味にシューズのリピート買いは初だ。
しかし。帰宅して確認したら、買ったのは今年の春だったと判明。半年しか持たなかったのか、きみは…!!
まだ履くけど。

さて。
タイトルは、シューズの事ではなく、来年打ち込むつもりのダイナマイト・ボンボンがもうちょっと頑張れば終わりそうな感じになってしまい、モヤモヤなシーズンオフを迎えることになりそうだ、という心の悲鳴です。
アブ男は無事終わった。これ好き。縦カチにいたカメムシ指で潰した。

***

11/2 青巌峡(晴、気温4~10℃、状態:乾、一部浸み出し)
一応青巌峡納め…ということで行った。納まるか??
①玉ねぎ5.8
②アブ男11c 各所であれ?あれ?となり核心でフォール。
③アブ男11cRP ムーブ忘れないように②を降りてきて結び直してすぐ登ったら終わった。
④ボンボン12b 3テン→下部(3Pの遠いトコ)が下から繋がったこと無いんですけど…
⑤ボンボン12b 1テン→下部が初めて繋がったと思ったら一気に最終クリップしてからの1テンに進歩。
ボンボンメモ結局最上部が自分核心だから…。
キョンは下手だから却下。「高すぎない踏みやすい足」で一気に飛び付く。もはや何も思いつかん!

プロフィール

rie

Author:rie
山とスキーとスノーボード。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。