中山峠

2011-2012シーズンイン

2011-11-23a

初滑りゲレンデで遭遇するのはやっぱりこの人

2011-11-23b
D-Bum

今シーズンも事故なく安全に楽しめますように
スポンサーサイト

秀に

啓代ちゃんが来ていた。
Pax君が作った激しい課題に打ち込む姿は非常に熱心で、そして鬼のように強かったです…
課題を一度完登したらすぐに次、とやるのでなく、必ず最低2回以上完登してから次の課題を作っていた。

どさくさにまぎれて握手してもらった。
世界で戦っている手
逆に啓代ちゃんから「頑張って下さいっ!」とのお言葉。感激

写真は日曜のコンペにて。
2011-11-22a

2011-11-22b

2011-11-22c

The North Face Cup

2011-11-20a
ガンダムくん

2011-11-20b
ミスターパンダ(男子オープン優勝者)

2011-11-20c
野口啓代ちゃん


初観戦のコンペは大変大変盛り上がりました。
ノースフェイスカップ、次回は2年後。
迷ってないで出ればよかったー。

本能のおもむくままに

2011-1-23a 朝、喜茂別のセブン駐車場にて
2011-1-23b 尻別岳にて
※ 昨シーズンのです

“弱層になる降雪結晶”
上はいずれも今年の1月23日。良く冷え込んで、端正で巨大な結晶がヒラヒラたくさん降り積った。
風がないと、結晶の枝が折れたり壊れたりせずにそのままの形で降り積もるらしい。
結晶は時間が経っても崩れずに、この日の尻別岳北面のパウダーは思い返せば2011年シーズンベストだった。

こんな結晶が積もった時のパウダーライドは素晴らしいが、綺麗で形が崩れてない結晶、雲粒(氷のゴミみたいなもの)のない結晶ほど、弱層になりやすいそうだ。
・ 結合が弱いから(雲粒付きはザラザラして滑りにくい)
・ 空気を多く含む層ほど弱いから(壊れた結晶は密に積もる)



本日のジムトレではまた耳の痛い天の声*
りえさんて、本能の赴くままに登ってて頭を使ってないから、何回やっても登れないんだよ。
なぜ登れないのかちゃんと考えて登らないと、難しいグレードでのRPとか難しくなるよ。
S.Soldier言

アタマの悪さが登りに影響及ぼし始めました。

てんとう虫カンテの日

義経岩。シーズン最後の外岩になりそうなので11台をいくつか触るつもりだった。
その前にサクっと1便で終わる予定だったてんとう虫カンテ10c/dがいくら登っても4クリップ前で
力吸われ失敗、5便目でようやくRP。
結局本日の岩はてんとう虫カンテに終始した。核心と思われる付近はガバガバなのに…
何便出しても最後まで使うホールドもムーブも固まらなかった(4クリップ付近)のが敗因。
こんなにかかると思っていなかったので反省。

2011-11-12a
taro- / スペシャルランチ 13a

2011-11-12b
S.Soldier / 牛若丸 11d

2011-11-12c
てんとう虫カンテ 10c/d



今日やったもの***
南中央10a         RP(地味に初。2年前にトップロープで敗退。)
てんとう虫カンテ10c/d  ①、②、③、④ともに4クリップ目で1テン、⑤でRP(通算6撃)


今日の天の声****
より早くRPするにはそのルートのスタンスを覚えること。
手はどうにでもなる。taro-言。

保持

2011-11-11
ここ3日ほど、月と木星が接近して見える

と聞いて、3日間夜空を見上げているが
この右上の明るい星が木星なのかどうか定かでない。
そもそもいつもどの辺にあるのか知らない。


昨日の天の声*
次のホールド取りに集中するより、保持中のホールドをより良く持ち体勢を安定させることに集中。
持てている、乗れていれば結果的に次の一手に届く。

紅葉

2011-11-6a

珍しく、雨じゃない週末に札幌にいた。
撮ろう撮ろうと思っていた紅葉はとっくにシーズン終了。
真っ赤だったご近所の庭は茶色っぽくなってました。

2011-11-6b

神居古潭・神居岩

2011-11-3a
taro- / マッスルマン11d

2011-11-3c
炭水化物11c / Photo:S.Soldier


3人共がお初の岩場、深川・神居古潭にある神居岩に行ってみた。
岩質は石灰岩とかで、磨けば大理石の床みたいになりそうなツルツル系だ。
(場所によっては非常に脆い。パリッ!と剥離する。)
青巌峡のように刃物で切ったような岩肌で、細かいホールドにばっちりカチが決まったりするととても安心する。
天気もよく日が当たり、11月とは思えない暖かさ、というか暑い
こんな良い岩場がなぜあまり人気ないんでしょう?


今日やったもの***

タンポンひでき10a MOS
炭水化物11c    1便ギリギリTO

こないだ11台入門したばかりなのに、調子に乗って11cを触ってみた(S.Soldierさんヌンチャク掛けありがとうございました)。
3ピンにクリップした後はテンションかけまくりと人生初・本気フォールを経験。
炭水化物でフルパワーと全精神力を出し切り抜け殻となり、2本で終了。


( 注 意 )
S.Soldierさんが取り付いた「ブレスレス11c」は核心の前傾凹角を越えたところより上部の岩が大規模に崩落し(支点ごと崩落)、ルートが消失しています。
最終支点に敗退ビナあり。

2011-11-3d
S.Soldier / 炭水化物11c




プロフィール

rie

Author:rie
山とスキーとスノーボード。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ