スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニペソツ山

前泊地の当麻道の駅でまさかの寝坊。
早めの行動で3時起床、5時に登山口を予定していたのに当麻で目覚めたのが5時。
前夜眠いのにここまで運転してきた苦労は泡と化すのか…
近くの別の山に変更しようかとも思ったが、ニセイカウシュペも層雲峡・黒岳方面も雨予報。
せっかくだからニペソツを行ける所までと車を走らせる。

時間は迫っているんだがとりあえず走れば着くと思っているフシがある。
昼前には雲に覆われる予報なので、気持ち急ぐ。


2015-9-5d
ここからのニペを見たいが為に来た。


2015-9-5a
少し紅葉が始まってました。

2015-9-5c


2015-9-5b
ナキウサギの声はする。(探してないけど)

2015-9-5f


入山時刻が遅れる可能性は無だったので靴も装備も普通の登山用だったが、たくさん寝たからか身体が調子よく、あっという間に天狗平、天狗岳と来てまだ2時間ちょい。3時間切りを目指してみたらあっけなく2時間43分で山頂に着いた。
寒いので即下山。前の週北海道マラソンでサブフォーを達成したという男性と下山で意気投合して一緒に駆け下りたら、午前中のうちに下山していた。
何だこれ。
岩に行けない最後の週末をゆっくり山で過ごす予定だったのに???
これはこれで、楽しくありました。ありがとうございます。


***
06:39 登山口(入山)
09:22 山頂
09:39 下山開始
11:35 登山口(下山)


2015-9-5g
趣深い幌加温泉は男女混浴で逃げない鹿たちも居る。素晴らしい湯でした。


2015-9-5e
幌加で少し寝たあと何もない十勝平野をぶっ飛ばして帰路。
人恋しくなって、岩を見るという名目で青巌峡に寄ったらBirdさんがジングルをRPしたということだった。
同じ岩で何かを考え通い続けているクライマーのトライは他人事とは思えない。
こうした人達の完登には心揺さぶられる。


スポンサーサイト

8/28 大雪山2日目(忠別岳→銀泉台)

出発時間が遅くなるので稜線に上がってモルゲンロートに染まる山並を見るのは断念。4時半起床。
2011-8-28p
忠別岳の背中がピンク色に染まってくる。飛行機雲と。

2011-8-28b
昨日はあまり気づかなかったけれどここはお花の楽園。ピンクに染まる蝦夷小桜たち。
チングルマもまだ花盛りだった。

2011-8-28c
この雪渓が遅くまで水を提供してくれている。夜の冷え込みで、朝は流れが止まる。

2011-8-28d
ツルツルがちがちの雪の階段。

2011-8-28q
小屋と縦走路分岐。忠別川の源流の森です。

2011-8-28e
今日1日の長い行程を考え忠別岳への登り返しはゆっくりゆっくり牛歩の如く。

2011-8-28f
忠別岳中腹から五色岳~化雲岳方面を振り返る。
奥はトムラウシ。いつかあちらまで歩いてみたい。

2011-8-28s
山東の西側は肝縮む崖ですがナキウサギがさかんに鳴いていました。

2011-8-28h
今日も黙々高根ヶ原を歩く。どっちから見ても登りに見える… ゆるいV字になってます。
昨年緑岳から遠望してから、いつか歩きたいと思っていた高根ヶ原。2日間好天に恵まれ、最高の山旅になりました。

2011-8-28i
高原沼への落ち込み。白雲岳はまだまだ先。

2011-8-28j
変なところに三角点。地図に記載なし。背景左奥の山は旭岳。

2011-8-28k
三笠新道分岐あたりで振り返る。結構歩いたぁ。忠別岳が霞んで見える(中央の右が切れ落ちた山)。

2011-8-28l
前を見る。白雲岳避難小屋が小さく見えてきた。

2011-8-28m
たくさん咲いていた駒草。せっかくなので撮る。高根ヶ原は結構花が咲いています。

やっと着いた白雲避難小屋キャンプサイトでゆっくりカレーライスとデザート。
長かった山歩きももうすぐ終わり。

2011-8-28o
赤岳山頂からはダッシュで下山、したかったがそうも行かず…
巨岩帯の下りは荷物がこたえまるで苦行ダ

ナキウサギの声を聞きながら、16:12、ヨレヨレになって下山。
充実の二日間は一生の思い出になりました。


***
行動時間(休憩・撮影を多分に含む)

04:30 起床
06:45 忠別岳キャンプ地出発
07:04 忠別五色分岐
08:15 忠別岳
09:12 忠別沼
12:25 白雲小屋(昼食)
14:40 赤岳
16:12 銀泉台P

***

8/27 大雪山1日目(銀泉台→忠別岳)

金曜夜8時 家を出る。
夜11時には層雲峡Pに着いた。

2011-8-27a
翌朝4時過ぎの空はこんな色。

2011-8-27b
銀泉台。ご来光狙いのカメラ野郎達が集う。

2011-8-27r
赤岳山頂。昨年紅葉を見に初めて来た時は雪に降られ真白だった。

2011-8-27c
白雲岳山頂直下のチングルマ。

2011-8-27e
白雲岳山頂から旭岳方面。

2011-8-27f
白雲岳の山頂直下でナキウサギ見えるかな?

2011-8-27g
白雲岳避難小屋と、今日歩く高根ケ原~忠別岳を見渡す。長い
一番奥の王冠型はトムラウシ。前日の雨で空気が澄んでいる。

2011-8-27h
おもちゃの箱のような白雲岳避難小屋。

2011-8-27j
小屋から高根が原へ下りる道は天国のような花畑。抜けると、長い長い忠別岳への歩きが始まる(白雲岳避難小屋から忠別岳避難小屋分岐まで10.3Km)。

2011-8-27l
大雪高原沼巡りコースを見下ろす。クマいなかった

2011-8-27m
長い…やっとやっと、忠別岳が、手に届きそうな近さに…
手前は忠別沼。

2011-8-27n
忠別沼に泊まりたいと思った

2011-8-27o
花の名前をせっかく聞いても5分後には忘れる

2011-8-27p
10回ぐらいザックを捨てたいと思った頃、忠別岳の頭へ乗った。
奥はトムラウシ。

2011-8-27q
忠別岳の中腹から、忠別岳避難小屋を見下ろす。けっこ遠い…

コテンパンになって到着した忠別岳避難小屋・キャンプ指定地は、すぐそばに綺麗な水場があり落ち着く場所。
到着16:30。テント張って、いか飯とパスタ。もうちょっと食べたかった。
風もなく穏やかな夜。星を見て寝る。

***
行動時間(休憩を多分に含む)

05:00 層雲峡P発銀泉台へ(車)
05:50 銀泉台登山口発
08:35 赤岳
09:42 白雲岳(昼食)
11:20 白雲小屋
12:25 三笠新道分岐
14:32 忠別沼
15:15 忠別岳
16:18 忠別小屋分岐
16:30 忠別避難小屋

***

8/14 定山渓神威岳

暇・暇コンビでわざわざ雨の中登ってきました。
クワガタ、セミ、100匹ぐらいのオタマジャクシやデカい蛙などを見た。
2011-8-14a

2011-8-14b

2011-8-14c
足から葉っぱ生えていた。


AKさんお付き合いありがとうございました

6/26 芦別岳

2011-6-27a

2011-6-27b

2011-6-27c

旧道から。
稜線後半は崖っぷちの連続で超疲弊。
ボロボロになり帰宅したら熱あった。
今日は元気。
プロフィール

rie

Author:rie
山とスキーとスノーボード。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。