入舟界隈

2018-2-11a 2018-2-11c

2018-2-11d 2018-2-11e

2018-2-11g 2018-2-11f 

2018-2-11h 2018-2-11i

2018-2-11j 20182-11k

2018-2-11l 20182-11m

2018-2-11n 2018-2-11o

2018-2-11p 2018-2-11r

2018-2-11s 2018-2-11F

2018-2-11u

2018-2-11v 2018-2-11w

2018-2-11G 2018-2-11x

2018-2-11y 2018-2-11z

2018-2-11A 2018-2-11B

2018-2-11C 2018-2-11D


スポンサーサイト

潮見台 夏冬②

2017-6-17h
最上部に近い素敵な「森の家」

2017-1-7d
冬は「雪の家」に


2017-6-17g
五百羅漢側の最奥

2018-1-7f
埋まってます

2018-1-7g
近々の往来は猫のみ


下界を見下ろす
2017-6-17f夏景色

2018-1-7e冬景色


国道5号線の龍徳寺付近から潮見台~望洋台~新光~張碓へと抜ける全長約17kmの道は、もともと「軍事道路」として明治後期(日露戦争の時代)に作られたものだそうです(当時小樽~札幌間の交通路は海沿いの細道しかなかったため、戦時を控えて、安全な内陸ルートを確保した)。
この道路は大半が急坂・急カーブの連続する山道で、ほとんど実用にはならななかったようですが、潮見台側の区間にはこの道路を利用して家が建ち、現在も生活道路として使われています。


〈参考〉
小樽の出版社ウィルダネス
「小樽散歩案内」

潮見台 夏冬①

6月に、「次回は潮見台です」と宣言しっぱなしになっていた町歩きシリーズ…

書こう書こうと思いながら写真だけ温めていたら季節は移り変わり、気づけば冬。(笑)
岩シーズンが終わったので町歩き再開だ。
せっかくだから、潮見台の冬の顔も見に行った。

2017-6-17a
小樽の坂道では本当によくお婆さんに行き会う。

2018-1-7h
上と同じ坂。
写真を撮っていたら、背中にハデな虎が描かれた白銀袴の新成人がこの細道を登って家に帰宅した…

2018-1-7i
坂道半ばにある家。
豪雪時には埋まりやしないか心配だ。



2017-6-17b

2017-6-17c
五百羅漢へと登る道。
川に沿って伸びる細い道、に沿って家が建ち、道と家の間には橋が渡されている。
このあたりならではの光景で、夏の間は用もないのにたまに散歩しに来ていたほど好きだ。

2018-1-7a
冬はさぞかし雪に閉ざされることだろうと思いきや、みんなバシバシ川に雪を捨てていて、意外にスッキリ。

2018-1-7b
2つ上の写真と同じアングルで撮ったもの。

2018-1-7k
下の人は川へ、

2017-6-17d
右岸は高台

2018-1-7j
高台の人は下へ雪を捨てる。


②に続きます。

PACIFIC PRINCESS

2017-10-06

港に大きな客船が来ていたので見に行った。
(正しくは、春から寄港を狙っていたのに逃しに逃して結局今シーズン最後の寄港だったパシフィックプリンセス号

新日本海フェリーの10倍はあろうかという巨大豪華客船。
いつか色々とゆとりが出来て、こんな船で旅が出来たらいいなぁ。

入船~奥沢

住んでいるうちに小樽の隅々を歩き倒してみる作戦。


2017-6-17n
奥沢の高台にそびえたつ

2017-6-17a
入船の古い町並


2017-6-17j
住吉神社の裏手から見下ろす船舶

+ Read More

プロフィール

rie

Author:rie
山とスキーとスノーボード。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ