入舟界隈

2018-2-11a 2018-2-11c

2018-2-11d 2018-2-11e

2018-2-11g 2018-2-11f 

2018-2-11h 2018-2-11i

2018-2-11j 20182-11k

2018-2-11l 20182-11m

2018-2-11n 2018-2-11o

2018-2-11p 2018-2-11r

2018-2-11s 2018-2-11F

2018-2-11u

2018-2-11v 2018-2-11w

2018-2-11G 2018-2-11x

2018-2-11y 2018-2-11z

2018-2-11A 2018-2-11B

2018-2-11C 2018-2-11D


スポンサーサイト

潮見台 夏冬②

2017-6-17h
最上部に近い素敵な「森の家」

2017-1-7d
冬は「雪の家」に


2017-6-17g
五百羅漢側の最奥

2018-1-7f
埋まってます

2018-1-7g
近々の往来は猫のみ


下界を見下ろす
2017-6-17f夏景色

2018-1-7e冬景色


国道5号線の龍徳寺付近から潮見台~望洋台~新光~張碓へと抜ける全長約17kmの道は、もともと「軍事道路」として明治後期(日露戦争の時代)に作られたものだそうです(当時小樽~札幌間の交通路は海沿いの細道しかなかったため、戦時を控えて、安全な内陸ルートを確保した)。
この道路は大半が急坂・急カーブの連続する山道で、ほとんど実用にはならななかったようですが、潮見台側の区間にはこの道路を利用して家が建ち、現在も生活道路として使われています。


〈参考〉
小樽の出版社ウィルダネス
「小樽散歩案内」

潮見台 夏冬①

6月に、「次回は潮見台です」と宣言しっぱなしになっていた町歩きシリーズ…

書こう書こうと思いながら写真だけ温めていたら季節は移り変わり、気づけば冬。(笑)
岩シーズンが終わったので町歩き再開だ。
せっかくだから、潮見台の冬の顔も見に行った。

2017-6-17a
小樽の坂道では本当によくお婆さんに行き会う。

2018-1-7h
上と同じ坂。
写真を撮っていたら、背中にハデな虎が描かれた白銀袴の新成人がこの細道を登って家に帰宅した…

2018-1-7i
坂道半ばにある家。
豪雪時には埋まりやしないか心配だ。



2017-6-17b

2017-6-17c
五百羅漢へと登る道。
川に沿って伸びる細い道、に沿って家が建ち、道と家の間には橋が渡されている。
このあたりならではの光景で、夏の間は用もないのにたまに散歩しに来ていたほど好きだ。

2018-1-7a
冬はさぞかし雪に閉ざされることだろうと思いきや、みんなバシバシ川に雪を捨てていて、意外にスッキリ。

2018-1-7b
2つ上の写真と同じアングルで撮ったもの。

2018-1-7k
下の人は川へ、

2017-6-17d
右岸は高台

2018-1-7j
高台の人は下へ雪を捨てる。


②に続きます。

スペシャルライト(完)

11/12(日) アヨロ 5℃
気温ほどには寒くなく日差しで暖か。
道中連絡があり、急きょ参戦することになったママさんがなぜか現地に先に着いて既に登っていた(笑)

2017-11-12b
本日狙いのスペシャルライト7b
UメさんやZッキーさん、なBさんもいて5人セッションでワイワイ、全員が同じところでモチャつく(笑)
1時間ぐらい?で無事イチ抜けできて(唐突に出来たので写真も何もない)、一人美味しくおにぎりをいただいた
Uメさんのアドバイスのおかげでした。

2017-11-12a
そのあとはゆーとに便乗してブラックホークダウン。
指に穴あいて完登ならなかったゆーと。いつ見ても強いね。

2017-11-12c
自分は季節のおかげかゆーとに騙されて買ったインチキチョーク(?)のおかげか前回より3手進んで大満足(写真の右カチ保持)。
3段なので、ゆっくり、チマチマ、地道に辛抱強く取り組んでみたい。

初段行脚

11/5(日) 有珠林間

2017-11-5a
前日の雪が残るキロロ。タイヤ交換しておいてよかった

2017-11-5b
マサヨ氏、イワンコフを無事完登。足遣いのお勉強になりました。
今年触って敗退している心残りは、あとアヨロのスペシャルライトのみとなりました。

イワンコフ早々に登れたのに、移動する予定だった善光寺は混雑しているだろうと、林間にとどまりグダグタしていたらKNGさんとアイアンさんがブラリと来て、善光寺15番はKNGさん一人だったと知る。早く行けばよかったね。

真っ暗になってから善光寺を偵察。
阿弥陀、想像通り両手に収まらない幅。どうにかしてリーチ殺せるかなぁ~。
アイアンさんが阿弥陀について
「人によって、それぞれムーブが違う。だから自分のムーブを見つけるのが楽しい。」
届かないからと腹を立てそうになったら、アイアンさんの言葉を思い出して、斬新なムーブ作りを楽しもう…

プロフィール

rie

Author:rie
山とスキーとスノーボード。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ